《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。

 



《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:04-5-2021

わたくしと祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
わたくしが5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

わたくしにとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

夜になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなったわたくしは、
「うえぇ〜ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとするわたくしを必死に止めます。

しかし、その時のわたくしには、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死のわたくしは、
とうとう暴言をクチにします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

わたくしにそう言われて、本気を出す祖母、

「わたくしも、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かったわたくしにはショックな一言でした。
結局、泊まらず
母に迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
わたくしは祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言ったわたくしは
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでのわたくしは、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

わたくしは今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す