《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。

 



《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:15-10-2020

ダイエットしているにもかかわらず、
食後の果物がやめられなかったり、
20時になったら、
ついついスナック菓子に手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

わたくし自身、
20時、テレビを見ながら、
スナック菓子をつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく運動を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
連日のようにスナック菓子を食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
ダイエットなんて成功しませんよね?

そこで、わたくしは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

体質は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のスナック菓子」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

昼食の後の果物も、
ショートケーキやアイスクリームなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
皆さん、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、チョコレートが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
体質に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す