《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:17-11-2020

1週間前の夕方、
パパはひどく酔っ払って帰宅しました。

この日、パパの機嫌は良くなく、
また普段は超無口ですが、
酔うと同じことを何度も繰り返す…
うっとおしい状態になっていました。

そして、
「腹減った。メシ」
と、腹なんて減ってもないくせに、
お母さんに言いました。

するとお母さんは…
何を血迷ったか、冷めたハヤシライスをパパの前に出しました。

「こんな冷めたハヤシライス食えるか!」
と、少々怒りを感じたパパ。

それを受けて、お母さんはハヤシライスの皿を引き取って、
電子レンジに入れました。

…が、ここからが、問題行為なのです。

電子レンジに入れたかと思うと、
お母さんは、温めを押して20秒もしないうちに取り出して、
温まってないハヤシライスを父親に出しました。

この行為に、
普段はとても大人しい(というか、何を考えているか分からない、無愛想な)
パパがキレてしまい…

「こんなもん食えるか〜」
と言うと同時に、茶碗や皿を投げつけました。

すると、怒りを逆なでするかのように
「あたくし、美味しく食べれるもん」
と、意味不明の弁解をするお母さん。

パパの怒りはお母さんに向かい、平手打ち!!

それを目の当たりにした弟は逆切れし、
パパに向かって
「お前、男が女に手を上げるって、どういうことか分かってるんかぁ!!」
と、弟がパパを殴ろうとした瞬間…

「お子様が父母を殴るのはもっと最低な事や!!」
という、(弟が言うには)正義の心の声が聞こえ…

弟は自分の頬を
バッチンバッチンと自分で殴り始めたのです。

そんな弟の行動に
空いたクチが塞がらないパパとお母さんは、
すっかりケンカをしていることすら忘れたようでした。


《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す