《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:14-5-2021

シェイプアップを実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、シェイプアップの停滞期なのです。

大抵の場合、シェイプアップを始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分ではシェイプアップを頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、シェイプアップをしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のないシェイプアップは危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
肉体を壊してしまわないうちに、
シェイプアップ方法を見直した方が良いですよ!

シェイプアップの停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
シェイプアップの停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度な運動などで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰な運動は危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
シェイプアップの意味がありません。

体重が減らないからと、
極端なご飯制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすい肉体になってしまうだけです。

適度な運動をすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りのシェイプアップ法を続けることが賢明なんです!


《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す