《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。

 



《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人ブログ:30-11-2020

最近は、減量でメタボ対策をして、
健康増進をはかることが重視されていますが…

でも、世の中の全ての人が減量を
しなければいけないわけではありませんよね。

体重が増えてきたから…ということで、
減量すべきかどうかを決める人は多いのですが、
本当に注目すべきなのは、体脂肪率なんです。

体脂肪率に問題があっても、
体重は、標準範囲内という方も少なくありません。

重さだけを見ると、筋肉よりも軽いのが脂肪です。

減量のために、食事量を減らし、結果が出たという人がいても、
それは筋肉が脂肪に変わっただけで、
見た目の体重が減少しただけというケースもあるのです。

それでは、健康面にも不安がありますし、
減量にもなっていません。

逆に、相撲の力士はとても太っていますが、
中には、筋肉質な力士もいますよね。
その場合は、体脂肪率が低く、肥満ではないので、
あえて減量する必要はないわけです。

ですから、体重も目安にはなりますが、
健康になるための減量でポイントとなるのは、体脂肪率なのです。
健康的に減量をするには、
余分な脂肪を燃焼させることを考えなければいけないんです。

だから、健康的な減量のためにはトレーニングは欠かせません。
ただ、急激なトレーニングはからだに負担をかけるので、
減量には不向きですよ!

あくまでも自分のペースで、
長い期間コツコツトレーニングを続けていくことが、
健康的な減量につながります。

減量のためにストレスが蓄積されないようにすることも、
健康維持では重要です。
減量を共に取り組める友達がいるといいでしょう。


《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す