《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。

 



《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人ブログ:30-6-2021

皆さん
ぐっどあふたぬーん♪

「あたしって水を飲んでも太るのよね〜」
と言う人をよく見かけますが、
むくみなどの場合を除いて、水で太ることなんてないんですよね〜

水はダイエットに必要ですし、
むしろ、水は太るという間違った認識で
水分補給を制限してしまうことは危険です!

「喉が渇いた」と感じたときには
すでに脱水症状の初期と言われています。

「ダイエットのために」と、
喉が渇いているのに水分補給を我慢するのは
からだに悪いだけなんです。

夏の熱中症だけではなく、
水分不足(サウナに入っても水を飲まないなど)の状態が続けば、
血液がドロドロになって流れが悪くなります。

血液がドロドロになれば血栓ができやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

ダイエットのためにも、健康のためにも、
水分補給が連日の生活で欠かせないわけですが、
飲み物を間違えると、ダイエットの障害になってしまいます。

ダイエットを意識して、
今までの水分補給のしかたを見直しましょう。

まず、スポーツドリンクなども含め、
糖質を含んだ清涼飲料水は避けるべきです。

ダイエットを目指しているのであれば、
たまに飲む程度ならともかく、
連日のように、清涼飲料水で水分補給していると、
糖尿病のリスクも上がります。

ダイエットコーラなど、
血糖値をあまり上げない人工甘味料を使用している飲料は
一見問題が無さそうですが、その強い甘さの味覚に慣れてしまうと、
ほかのご飯でも、同等かそれ以上の甘味でないと
物足りなさを感じることがあるので、要注意ですよ!

――――――以上で今日の報告を終わります。

《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例 《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人 《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック 《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す